フィーレ骨取り方法

遊子漁協のタイフィーレは全て、腹骨は取り除き、血合い骨を残しています。

骨抜きを使って取り除くことも出来ますが、手間もかかりますので遊子漁協では包丁を使った鯛の骨取りを紹介します。



画像の切り取られている箇所が血合い骨であり、骨に沿って包丁を入れるだけで取り出せます。
包丁を入れる順番に決まりはないので、やりやすい方向から包丁を入れてください。

血合い骨を取り除いた身は「柵」と呼ばれ、柵を削ぎ切りにしていけば、お刺身や鯛めしとして召し上がれます。

骨取りが必要な商品